落ち着いて臨むために

同時に行う手続き

数珠

柏原でご家族が家族葬を望まれており、亡くなられたなとのことを詳しく知りたいという方もいることでしょう。
家族葬は葬儀社に依頼することになります。
しかし、同時に進める必要のある大事な手続きがあります。
家族葬の際には、落ち着いて葬儀に臨めるように必要な手続きを把握しておきましょう。
ご家族が亡くなられた場合、期間内にことを済ませなければいけない手続きがあります。
まず、亡くなられてすぐに行わなければいけないのは、死亡診断書と死体検案書を受け取ることです。
柏原市の病院で亡くなられた場合は、かかりつけ医や臨終を看取った医師が作成してくれます。
事故などで亡くなった場合は、柏原市の警察が委託している医師や監察医が作成したものを受け取ることになります。
この2つがないと死亡届を提出することができなくなってしまうのです。
また、保険金の請求や預金口座、不動産の名義変更なども必要です。
死後、7日以内に行わなければいけないことは死亡届の提出です。
柏原市の窓口にご家族が出向き本人の代わりに著名、捺印し提出することで受理されます。
死亡届を提出すると火葬許可書を受け取れるようになるので、このときに一緒に手続きを行うケースが多いです。
火葬許可書がないと火葬を執り行えないので、こちらも忘れないようにしましょう。
また、葬儀後のこととなりますが、死後14日以内に行わなければいけない手続きに、世帯主変更届の提出と健康保険証の返却と資格喪失届の提出があります。
くわえて、年金受給の停止と未支給年金の請求もこの期限内に済ませなければいけません。
これらの手続きは期限が定められており、遅滞なく執り行う必要があるので家族葬を考えている人は覚えておきましょう。

互助会の仕組みを確認

葬式

柏原市で葬儀を行うとなると、かなりの費用がかかります。
柏原市のある大阪府で一般葬を執り行った場合にかかる、平均的な相場は約180万円前後です。
この費用はあくまで平均費用で、プランによっては200万円を超えるケースも少なくありません。
このように、柏原市で葬儀を執り行うには、高額な費用が必要となります。
費用を抑えて小さな葬儀にしたいという場合、柏原市では「家族葬」を選択するケースも多いようです。
家族葬であれば約30万円から50万円程度で、一般葬を執り行う事が出来ます。
一般葬にかかる平均費用の半額以下で、葬儀を執り行える家族葬は新しい、お葬式のスタイルとして定着しつつあります。
また、互助会制度を利用して、より家族葬の費用を抑えるという事も可能です。
互助会とは結婚式やお葬式といった、冠婚葬祭に備えて積み立てを行う制度の事を言います。
月々わずかな金額を支払うだけで、冠婚葬祭時に支払う金額を大幅に下げられる点が互助会の魅力です。
柏原市に住んでいる方が参加できる、互助会もあるのでチェックしてみてはいかがでしょう。
互助会に参加しておけば、お葬式の費用を約30パーセントから50パーセントも、節約する事が出来ます。
費用が安いからといってサービスの質が悪いという事はなく、互助会員が積み立ててきたお金によって、葬儀を執り行う事から一般的なお葬式とは何ら変わりません。
もしもの時に備えて積み立てをしておく、それが互助会の特徴なのです。

一人一人のお葬式の形

女性

冠婚葬祭の形は時代の移り変わりと共に大きく姿を変えています。
結婚式であればレストランウェディングなどカジュアルなものが若者の間では増えてきています。
そしてお葬式は、ごく身近な親戚だけを集めて行う、家族葬を選ぶ人が多くなっています。
家族葬は費用が少なくて済むという大きなメリットがあります。
柏原では駅周辺に斎場がいくつかあり、その多くが家族葬や低予算での小規模な葬儀のプランを提供しています。
そのため、柏原で家族葬を行いたいという時、選択肢は多くあります。
葬儀を行う時というのは基本的には忙しくなるもので、喪主ともなればゆっくり斎場を検討している時間はないかもしれません。
しかし、柏原周辺の斎場の口コミのチェックや見積もりの比較程度はしておくのが良いでしょう。
そして人は誰をどれだけ呼べばいいのか、どの程度の規模で行うのかという悩みが出て来るでしょう。
しかしゆっくり悩んでいる時間はありません。
そうしたときにやはり家族葬はスムーズに進められます。
ごく近しい親族のみで簡潔に葬儀を行い、呼ぶべき人、呼びたい人がいるのであればまた落ち着いた時に再度お別れ会という形をとっても良いでしょう。
柏原の斎場では、固定の金額で内容含めて提示されているプランや、予算から、自由に内容を考えることのできるオーダーメイドプランを提案しているところもありますので、親族の希望を加えて組み立てることもできます。
遺影写真やBGMなども担当者と相談して決めることになります。
こだわりのある人ならば故人が希望していることもあるでしょう。
使えるかどうかは事前に確認しておきましょう。

親しい人のお葬式

空

家族葬はごくごく限られた身内だけで行うケースが多いです。柏原でも、近親者や親友だけで行う小さな家族葬が普及しています。そういう家族葬に招かれて参列する場合でも、最低限のマナーを守ることが社会人の常識です。

もっと読む

参列などのマナーについて

線香

柏原にある葬儀社では家族葬を行うところも多く、遺族側のメリットが大きいために需要も拡大しています。家族葬は一般的に近親者や特別に親しい人のみで行う形式となるので、招待されていない場合には参列を控えるのが常識です。遺族が故人との最後の時間をゆっくり過ごすためにも、配慮しなければいけません。

もっと読む

落ち着いて臨むために

数珠

柏原で家族葬をする場合、葬儀を進めるのと同時進行で手続を行う必要があります。死亡診断書、死体検案書を医師から受け取り、柏原市にある窓口に7日以内に死亡届を提出しなければいけません。また、葬儀に間に合うように火葬許可書の交付を受けていなければいけません。

もっと読む