親しい人のお葬式

マナーを守って参列する

空

柏原で親しい人の訃報に触れたら、通夜や告別式の場所や日時を早めに聞いてスケジュールを空けておくのがお勧めです。
正式に柏原で行われるお葬式のお知らせが届いたら、参列できるように香典や喪服などの準備をしておく必要があります。
ただし、家族葬の場合はちょっと違います。
家族葬は遺族や親族だけで行うことが多く、例え親友であっても参列できない場合があります。
身内だけでひっそりとお別れをしたいという気持ちがあるためです。
正式に家族葬のお知らせが来ない場合は、遺族の気持ちを汲んで参列を控えることが大切です。
しかし、家族葬のお知らせが届いた場合は別です。
一般葬と同じように早めにスケジュールを調整し、参列できるように準備をします。
柏原の家族葬だからラフな服装で参列してもいいと思ったら大間違いです。
例え柏原の自宅で行われる家族葬でも、しっかり読経があり、お焼香もあります。
一般葬と同じように、ブラックフォーマルの準喪服を着て参列することが大切です。
通夜では受付で香典を手渡します。
そのときに受付にいる人に対してお悔やみの言葉をかけるのがマナーです。
受付の人が遺族や親族でなくても、お悔やみの言葉をかけるのが慣習になっています。
そして家族葬が一通り終わったら、遺族に対して直接お悔やみの言葉を伝えるようにします。
葬儀の場で故人の死因を聞いたり、死に際の様子を根掘り葉掘り聞くのはタブーです。
挨拶はなるべく手短に済ませることが大切です。

一連の流れに沿って進行

花

小規模ながら、従来のお葬式の流れを踏襲しているのが最近の家族葬です。
弔問客を限定するなどの方法で、家族葬は費用を抑えることが出来ます。
柏原の葬儀社が現在行っている家族葬も、やはり規模を縮小して段取りが組まれています。
こちらの柏原の家族葬は、遺体の安置から通夜式、葬儀といった流れで進められます。
遺体の安置から納棺に至るまでの間に行われるのが、湯灌です。
湯灌は、故人の体を家族や親族が清浄綿などで拭き、汚れを除くための儀式で、納棺の前に済ませるのが1つのしきたりです。
その後、葬儀社のスタッフが故人の体を整え、衣裳を着せる旅支度と呼ばれる儀式が実施されます。
柏原の家族葬の場合でも、このようなしきたりに則ったプロセスは、きちんと行われます。
通夜式がスケジュールに組み込まれている時は、式の前に故人の体を棺に移します。
いわゆる納棺式に当たるのが、こういったプロセスです。
装束を身につけた故人の周りに花や思い出の品などを入れ、最後の別れを惜しみます。
柏原の葬儀社が提供する家族葬のプランは、基本的なプロセスは一般的な葬儀と同じです。
温かみのある葬儀が1つのコンセプトであり、故人とのお別れを親しい方達の間でゆっくりと行うスタイルです。
家族葬では、簡略化出来る部分はシンプルに整え、大切なお別れのシーンにポイントを置きます。
飲食に関する費用は、葬儀の中でも融通が利きやすく、シンプルに徹して費用が抑えられる部分です。

抑えたいポイント

葬儀会場

柏原市には多くの病院が建てられています。
中には病院で亡くなってしまうという方も、柏原市内でも少なくないようです。
もし、柏原市の病院で家族が亡くなってしまった場合、葬儀社とはどのような打ち合わせを行えば良いのでしょうか。
病院で亡くなった場合、早くご遺体を搬送しなくてはいけません。
葬儀社に連絡を取り、遺体搬送車の手配をする必要があります。
事前に葬儀社が決まっている場合は、その葬儀社に手配をお願いしましょう。
もし、決まっていない場合は病院と提携している葬儀社を、紹介してもらえるケースがほとんどです。
葬儀社との打ち合わせで最初に行うのが、どこにご遺体を搬送するかという点です。
柏原市の病院で亡くなった方の多くは、自宅に搬送されます。
ですが、自宅が狭いなどの理由から搬送が難しい場合、葬儀社などの遺体安置場に搬送しなければいけません。
この他に葬儀社とは様々な打ち合わせをしなければいけませんが、どのような葬儀を執り行うのかプランを決めるのも、重要な打ち合わせポイントです。
葬儀のスタイルには色々な種類があります。
柏原市では近年、家族葬を選ぶケースが急増しているようです。
家族葬は故人の家族、親族といったごく少ない人数で執り行う葬儀のスタイルという特徴があります。
ご近所の方や仕事関係の方などの弔問が、無いという点が家族葬の特徴です。
家族葬は遺族の金銭面・精神面の負担を軽く出来るという理由から、柏原市だけでなく全国で普及している葬儀スタイルでもあります。

親しい人のお葬式

空

家族葬はごくごく限られた身内だけで行うケースが多いです。柏原でも、近親者や親友だけで行う小さな家族葬が普及しています。そういう家族葬に招かれて参列する場合でも、最低限のマナーを守ることが社会人の常識です。

もっと読む

参列などのマナーについて

線香

柏原にある葬儀社では家族葬を行うところも多く、遺族側のメリットが大きいために需要も拡大しています。家族葬は一般的に近親者や特別に親しい人のみで行う形式となるので、招待されていない場合には参列を控えるのが常識です。遺族が故人との最後の時間をゆっくり過ごすためにも、配慮しなければいけません。

もっと読む

落ち着いて臨むために

数珠

柏原で家族葬をする場合、葬儀を進めるのと同時進行で手続を行う必要があります。死亡診断書、死体検案書を医師から受け取り、柏原市にある窓口に7日以内に死亡届を提出しなければいけません。また、葬儀に間に合うように火葬許可書の交付を受けていなければいけません。

もっと読む